ビバ!高齢社会

久々に東京の都心に来て、若者の多さに驚いています。

普段おっちゃんおばちゃんに囲まれてるから、四方アンダー60歳に囲まれると落ち着かない。この若者が各々の地元から流れてきたと思うと切ない。

いやはや、NHKのドキュメンタリーよろしく、地元もがっつり超高齢社会でしてね。

私もついに30代に突入したのですが、地元ではめっちゃ若者。

奈良の観光ガイドではいまだ女性最年少、(平均60代後半)

趣味で入ったボウリング教室でも最年少。(平均50代前半)

「30代?戻りたいわ~!」雄叫びさえ聞こえてくる始末。

確かに若者がいた方が活気があるのよね。フレッシュ。

けどね、おっちゃんおばちゃんが多い場所って、なんか空気がゆったりするんですよ。

「えらい風強いですね~」って声かけてきはったりとか、「これ食べとき~」とか(まぁ地域性もある)。みんな歳とともにゆっくりしてくるから、街のペースがゆっくり。

あーこれ書きながらはよ奈良に戻りたくなってきた。

つまりは地元の居心地がなんだかんだいって良いということです。

16-09-20-15-29-01-871_photo