忘れないで奈良県。隠れた実力派。

奈良県。いつも忘れられがち奈良県。クラスでいうと、特に目立たずマイペースで教室の片隅にいるタイプの生徒のようです。本当は隠れた実力派なのですよ。だがしかしその実力は知る人ぞ知る・・・

大仏と鹿だけで片付けられるし(実際目玉だし事実なのですが)

かの文豪志賀直哉に「奈良にうまいものなし」と言われたり(でも実のところ志賀直哉は奈良を愛してるし、実際ご当地グルメは盛り上がらないが美味いものはある)

某広告で「三都物語」と謳っているのでワクワクしていたら、京都・大阪・神戸のことでションボリしたり(関西の雑誌では「滋賀・和歌山・奈良」はオマケの3県として括られている感じが拭えない)

17時にもなれば街は閑散として、夜は帰るしかなく さらにお店はマイペースに不定休のところが多すぎて、観光客としてはせっかく来るのに不安すぎる。

いろいろ惜しいところは数限りない・・・

け れ ど も ! !

ナナメから奈良を覗いてみると

猫カフェが出現するはるか前から、奈良公園はフリーの「鹿カフェ」だし、

ペットが飼えない私にとって、鹿は「会いに行けるペット」、まるでAKB。

大阪の人に奈良から来たというと、山里から来たみたいに言われるけど。奈良市内からだと大阪へは1時間もかからず出られるんです。京都も1時間ちょっと。(ホントに。場所によっては大阪のベッドタウンより便利ですよ)

首都圏に住んでいればあたりまえの通勤時間で、大自然と歴史のある街に住めるのです。その上家賃も安い。

買い物は都会に出た方が楽しいけど、たまに都会に出て爆買いするんが楽しくて。

普段の生活でガチャガチャした情報にさらされないのは思いのほか心地良い!

長ーーい歴史と時間が作り出したお寺や神社の美しさは、一流のデザイナーがどうあがいても作り出せないし

住宅地の間にぽつーんとある古墳やお寺は、ホッとさせてくれます。

マイペースすぎるお店は困るけど、見方を変えれば「無理をせずに、自分のペースで仕事ができる」ということ。

まち全体がマイペースだから、それでも全然大丈夫。奈良的には10年なんてほんのひとかけら、、長い目で頑張りたい、と(笑)

マイペースで出来るせいなのか、お店の人がゆったりしていて、親切なところが多い気がします。消費者としては、物足りないことも多々ありますが、ひとりの住人としてはとても居心地がいいところです。本当に。

ちょっと不便なところも、奈良は日本にあるヨーロッパだと思えば良いかもしれません。(店早くしまる、寺など宗教の時間軸に沿って街が眠る、文化が豊か)もういっそ奈良ごと、堂々と「のんびり生きられる街宣言」したらどうでしょう?

まるで出来の悪い子をかばうような文章になってしまいましたが、私はゆるゆるな奈良の空気を心から愛しております。頑張れよと思うとこもいっぱいあるけど。奈良ええとこよ。

のんびり時間を過ごしに、奈良へお越しください。桜もあと少しで咲きそうです。