神戸のイカナゴ愛がすごい。

神戸〜明石〜姫路エリアの早春の風物詩といえば・・・イ カ ナ ゴ !!!!!

3月はまじでイカナゴフィーバー。

画像はイカナゴのくぎ煮屋さんより。

イカナゴの釘煮、という小魚の佃煮的なものをご存知の方もいるかと。

ちょうど兵庫の沖合でイカナゴ(の新子)漁が解禁になるのが3月で、各家庭では大量にイカナゴを炊いて(キロ単位)、配りまくるのがこちらの春の一大イベントなのです。「いかなごもう炊いた?」が合言葉。

都市伝説じゃあなかった。市場も、スーパーも、郵便局までもイカナゴ祭りになるという。郵便局のこの本気度よ。みんなどんだけ送るねん!!

「レターパックは汁漏れしないようにビニールに入れて下さい」、とさんざん書かれているので、汁ダダ漏れした事があったのでしょう。他の郵便物に汁がつくよね・・?(汗)まじで仕事の書類についたりしたらシャレならん・・・

スーパーではザラメ糖に山椒に醤油など、イカナゴ釘煮の材料コーナーもできてます。ザラメ使うんですねぇ。ホームセンターにもタッパーに鍋ざる並びます。

参考画像:ぴあ’ずDiaryさんよりお借りしました>http://diary.sandakan.org/?eid=434369

マジかよと思ったけどマジです。イカナゴの季節はイカナゴフィーバー!!釘煮.jpなんてサイトがわかりやすく解説してます。>http://kugini.jp

さらに!イカナゴの着ぐるみまでありまっせ。兵庫漁連の入り口にスタンバイ。名前に注目。新子ちゃんに新平くんだぞ!足元は便利なキャスター付き!!

漁連でもイカナゴ釘煮教室が開催されるっ(漁港とれたてのイカナゴがゲットできる)

我が家も多分にもれずイカナゴ釘煮に初挑戦。地元のおばちゃんに聞いたコツは「絶対途中で混ぜたらアカン」。混ぜたくなるの我慢我慢。ちゃんと守ったらうまくできましたわ。

イカナゴ自体は小さい魚ですが、なかなかビッグイベントなのでした。