[ みなとまち日記 ] 漁協のおさかな教室 ・Learn how to cook fish

ここは明石、魚の町。駅前に置いてあるチラシに「おさかな教室」と・・・春の桜鯛が今月のテーマだそうで。魚のさばき方を教われるまたとない機会!!!ギョギョ!!これは行かないと!!というわけで行ってきたのですが、なかなかハード。

鯛のウロコとって 頭割って 3枚におろして 皮はいで

(この時点ですでに脳みそが沸騰している)

さらに握り寿司と手まり寿司の二種をにぎり

さらにあら煮を炊いて(終わった頃にはぶっ倒れる寸前)

食べて(美味しさで再びぶっ倒れる寸前)

片付けて3時間。終わった頃には記憶が飛ぶ。

しかしながら、魚のさばき方も、手まり寿司も思ったよりは、ずっとシンプルな手仕事だったので、

これから応用ができること間違いなし、の大変有意義な勉強になりましたとさ。

(後日アジをさばいてみたら、すごく楽でした。)

あ〜魚くさいシャツはどうにもならん。

ま、よかったよかった。

(おまけ)

魚に春と書いて、鰆(さわら)。

珍しいサワラの巻寿司。美味しいっっ!!!瀬戸内ではサワラのお刺身も出回って、これがとろけるようにうまいのです。4月から8月ごろにかけてが旬だと魚屋さん談。

魚で季節を知れるってちょっぴり嬉しい。