[ 旅日記 ] 動物天国・スコットランド Animals in Scotland

Here is a heaven of animal lover – why not visit scotland!

鹿を探して三千里。そこは思った以上の桃源郷!

世界最小の鹿「プーズー」を見に行きたくて、スコットランドに向かったわけですが、うん、そこは鹿なのでやはり愛想なしです。シカたがない。

プーズーはEdinburgh Zooにいます。ここの動物園、結構面白い。そして、のんびりするのにちょうどいい。

こんな建物もあって素敵
なんかかわいい写真スポット!

ワラビーの放し飼いコーナーに、人間がおじゃまできるコーナーなんてものありました。写真は理想図。現実にはワラビー、厳戒体制。

うまくいけばこの距離。かなり難しいが…

隣のカンガルーは柵付きで笑った。攻撃力違うもんね。

工事の様子がきになるカンガルー
工事をするおっさん。微妙にカンガルーに気を使う。
家族総出で工事を見守るカンガルー

 

さて、さらなる鹿ネタ。

Highland Safariという場所に「鹿センター」なるRed Deer Centreがあるそうで。草原で餌やりもできるんですって、これはぜひやってみたい。奈良でもできるけど…

だいぶ遠くて訪問叶わず。必ずやリベンジする…!!

どうやら柵越しの対面らしい。餌が気になる。
鹿とおじさま 鹿の首が細くて長い〜〜〜

鹿モチーフや鹿グッズをあげると枚挙にいとまがなく、物欲が爆発しそうなのを抑えるのに必死ですよ。

建物のてっぺんにも、鹿
ナイスなディスプレイ
鹿と牛のマグ!

鹿の窓飾り!

ここをイギリスの鹿パラダイスと言わずして、なんと言いましょう。

しかし、スコットランドの実力は鹿だけにあらず。見よこのイケメン牛を!ハイランドキャトル。

なにこの前髪。おかんが見たら早く切れって言いそうなやつ。なんかセクシー。でも見た目に反して、すごく穏やか。

このもじゃ感はスコットランドの寒い気候に適応した結果だそうな
立つとふさふさ感がすごい。

子牛はぬいぐるみのよう!きゃわいい!

かわいさに悶絶

この牛たちは、鹿公園ならぬ「Pollok Park」という、牛公園的なところにいます。

pollokってこの牛のことやんね
黒い子もいる いちおう柵はついている

ひたすら牛を撫でると、全てどうでも良くなる。ああこの感じ、奈良公園。結局そこかい。

スコットランドは動物天国なのでした。うん、また絶対行く。

 

 

(おまけ)

エディンバラの街では、リードがついてないワンコ多数。みんないい子。