[ 旅日記 ] 英国の、珍奇なニッポン

Funny pretty JAPANESE things in UK.

異国イギリスでみる我が国NIPPONは、なかなかCOOLであった。

wagamama、こちらはラーメンやら餃子が食べられるアジア料理店。色々選べるあたり、wagamamaが叶う店である。

とりあえずYO!に圧倒される

YO!で圧倒されるこちら、イギリスの人気寿司チェーン「YO! SUSHI」の別バージョン。

インスタもなかなか斬新である。

お、おいなりさんが2つで約300円だと!?

寿司はそのくらいにしておこう。

スーパーでも小ネタが転がっている。

まさかのカツカレー。

日本のカレーは確かイギリス経由でやってきた。

カレーがカツという子を連れ、イギリスへ里帰りしたようで。

先述のYO! sushiもやってるKATSU

いや、カツも外国から入ってきたもんやな… おそるべし日本のアレンジ力。

piri piriをスパイシーと言わない謎。

あえてなのか、piri piri。ちょっと辛いニュアンスにしたかったんやろうか。

それともどっか他の国の言葉でもあるんでしょうか。

とりあえずスパイシーなようです。

お次は本屋さん。タイトルに注目。いきがい!!!

画像はamazonさんより。

日本人の長生きの秘訣のうちに、「生きがい」がある、と。

たしかにそうかもしれない。だがイギリスの皆様よ、それよりちゃんと食生活を立て直すのが先では…

(※現地在住の友人にも聞いたが、イギリスの食生活はだいぶアレである)

画像はhttp://artonking.com/より。すごいかっこいい本屋さん。

森林浴!その発想はなかった。「家計簿」という本もあった。

いずれもええ感じのデザインで、日本の醤油くさい家庭が、えらくCOOLに見えてくる。

お次は、こちらバスのICカード売り場にて。

これは意味がドンピシャな感じ

意味はドンピシャだが、smartとは少し違う。でも場所には合ってる。誰に聞いたらこうなる。

最後。一番のお気に入り。

「SCOTLAND」と書いている右側のネコが、たまらない。

ええと、これはイギリス土産でしょうか

こちらのお猿バージョン(みざる、きかざる、言わざる)はよく見かけるが…

日光東照宮のね

なんだか狐につままれた気分です。日本語って難しい。