[ 船乗り嫁日記 ] 世界の珍品 in 我が家

なんか知らんけど、うちの実家には各国の珍品がゴロゴロ転がっています。

父方の祖父は、パキスタンに住んでた事もある猛者。

愛するパパンキー(父)はNGOだとかNPOに関わる仕事をしてたので、アジア・アフリカの土産が色々…

そして三人の叔母(父方も母方も!)は、みな国際結婚。

どうりで船乗りと結婚しても動じないわけよ。

ブタの入れ物はCD入れに使われていましたわ。

インドネシアの布、とても繊細な模様が綺麗です。布団カバーになってるけど。

種はなんでかお気に入り。

チチカカとか、People Treeがメジャーになる前から、家がアジア雑貨店状態なわけです。

いやー、使えないものもいっぱいあった…固すぎて履けないスリッパ、ゴージャスすぎてどうしようもないカバン、椰子の置物など。

でも確実に、影響を受けたと思います。工芸品ってかわいい。愛おしい。

子供の頃からそんな感じだったので、船乗りと暮らしても、航海のお土産に驚かない嫁…かわいくない(笑)!

初めての航海、スエズ運河の商人から買ったという胡散臭さ200%の商品。

引越しも多いし、断捨離がマイブームなので、ときめかないものは要りません。

そして最近父がもたらしたアジアものはこちら。ヒマラヤコーヒー。

これが美味しい!すっきりして飲みやすい!

私が変人だとしたら(よく言われるけど自覚がない)、たぶん8割くらい環境が原因です。たぶん。

(おまけ)

どこのかわからないけど、ヤフオクで購入したドアストッパー。送料のほうが高かった。健気にドアをとめるのがかわいい。