【船乗り嫁日記】鉄鉱石と計算と船乗り

ゲンさん今日も元気に航海中です。

チリ〜中国の間を自転車レベルのスピードで動いている。なんて気が長い話だ。

36日かかるってサラッと言うけど、あんた一か月以上かけて移動しとるやないか。船乗りの時間感覚はやっぱりわからん・・・

で、今回任命されたのは鉄鉱石を運ぶ船の船長。

船の種類はいつもランダムにやってくる。まさかと思うでしょ、まさかその通り。ちなみに船の種類は会社によります。

鉄鉱石を20万トンくらい運ぶって言ってたけど、えーと、1トンが1000kgよね。出でよ、電卓。

キロ換算すると、200,000,000kg。

換算しても全っ然わからんけど。これが本当のメガトン級ってやつか。

これだけ重い貨物を船に積むので、船がへし折れないように計算がいる、らしい。

貨物船乗りって地味に物理の勉強が必要。知らなかった・・・

こういうコンベアの機械でザーッと積み込む

確か、船の何cm沈んだら、何トンとか計算してる(はず)。

おいおい海賊はルフィもナミも計算できそうにないぞ。ま、海賊だからいいのか。

「そんなに計算は難しくないよ〜」と言ってたゲンさんよ、君が仕事で関数の計算をしてるの見たぞ。

私には関数が素敵な模様にしか見えないけどな。

9個の船艙!!
でっかい船!

そんで、フレッシュな(?)鉄鉱石を慎重に積み込んで、中国まで運ぶよどんぶらこ。

・・・中国って自分とこでバンバン資源とれそうだけどなぜに輸入?

不思議でしたが、中国では資源の需要が大きい割に、そこまで出ないので結構輸入しているそう。

はー、なるほど。

毎度、船から見えてくる世界のお話でした。世界って広い。

(おまけ)

ゲンさんが航海のお供に、とダウンロードしたゲームは…

貨物トラックに乗って、ヨーロッパ中に荷物を届けるゲーム。

トラックをカスタムして、ドライバーを選んで、行き先を決める・・・誰がこんなん使うねん・・・と思ったらここにいたよ・・・

うそやろ。貨物船に乗って、世界中に荷物を届けながら、そんなゲームをしてるのよ?

貨物船の陸バージョンやん!!!どんなけ仕事好きやねん!!!

天職につけてよかったね、ゲンさん。