All posts filed under “-コラム・column

おっ!たまねぎと淡路島

料理をする人ならば、一度はやっちまった経験はあると思います。芽が出ちゃったまねぎ。   あかん、これは出過ぎです。しばらく目を離したスキに、芽が…! あやしがりて切ってみるに、玉ねぎの中いとしぼみけり。 玉ねぎからネギみたいなのが生えて不思議きわまりないです。ごはんも水もあげてないのに、ここまで育った玉ねぎのポテンシャルよ。 言い訳をしますと、我が家からは淡路島が近いので、やたらと近所で淡路島玉ねぎが売っています。そしてつい買い込むという。 玉ねぎは淡路島の名産で、島には「おっ玉ねぎ」なるオブジェやら、「玉ねぎUFOキャッチャー」があるという… こっちの方がおったまねぎ! おまけ。 旦那さんの出張みやげ。 「ハーブ大好き」とデカデカと書かれたパッケージに胸がざわつくのは私だけでしょうか。 レトロソーセージ。パッケージで味の想像がつかない。気になる。 それでは良い週末を!

解説!明石焼きとタコ焼きの違い

明石焼き、といえば熱々焼きたてをさらに熱々のお出汁につけて食べるのが一般的だと思っていたのですが。 明石は魚の棚商店街で、そこに反旗をあげる明石焼き屋が一軒。明石焼き「よこ井」。 出汁は冷ますためのツールだ、という主張のもと、お持ち帰りには出汁はつけません。あくまで冷ますためのもの。主張がすごい。 中華料理屋のお酢入れ的な入れ物に入った出汁を出されたので、若干期待せずに食べてみたのですが・・・いけるやん!!! 熱々の明石焼きを熱い出汁につけて何度崩壊させたことでしょう。それが冷たいだしだと壊れない!すぐ食べられる!   あ、これ超いいわ。というわけで、猫舌の方には「よこ井」をオススメします。 ちなみにおばちゃんの接客も、出汁と同じくらいクールです。