[ 絵日記 ] 栗ダッシュ One autumn day

奈良も少し行けば完全なる田舎である。ほっこり。

田舎道をかきわけ、バス停に向かう。一時間に1本のバスは絶対に逃したくない。

The bus stop could be seen, but it is far away.
It is autumun. I found an old lady selling a chestnuts.
I was in a hurry, but who can resist the very  fresh chestnut !
The lady was soooooooooo slowly.

ばーちゃんの話が長い。「バスなんざ手ぇ降ったら止まってくれるで」。そうかもしれんけどな、ばーちゃんやったらな。

She even gave me one more chestnut. Oh bus, wait for me !

 

It was a sweet autumn experience, and the chestnuts tasted sweet, too.

ハラハラしながら栗を握りしめて、無事バスに間に合ったのでした。

栗は美味しかったです。

 

 

 

[ 旅日記 ] 英国の、珍奇なJAPAN

Funny pretty JAPANESE things in UK.

異国イギリスでみる我が国NIPPONは、なかなかCOOLであった。

wagamama、こちらはラーメンやら餃子が食べられるアジア料理店。色々選べるあたり、wagamamaが叶う店である。

とりあえずYO!に圧倒される

YO!で圧倒されるこちら、イギリスの人気寿司チェーン「YO! SUSHI」の別バージョン。

インスタもなかなか斬新である。

お、おいなりさんが2つで約300円だと!?

寿司はそのくらいにしておこう。

スーパーでも小ネタが転がっている。

まさかのカツカレー。

日本のカレーは確かイギリス経由でやってきた。

カレーがカツという子を連れ、イギリスへ里帰りしたようで。

先述のYO! sushiもやってるKATSU

いや、カツも外国から入ってきたもんやな… おそるべし日本のアレンジ力。

piri piriをスパイシーと言わない謎。

あえてなのか、piri piri。ちょっと辛いニュアンスにしたかったんやろうか。

それともどっか他の国の言葉でもあるんでしょうか。

とりあえずスパイシーなようです。

お次は本屋さん。タイトルに注目。いきがい!!!

画像はamazonさんより。

日本人の長生きの秘訣のうちに、「生きがい」がある、と。

たしかにそうかもしれない。だがイギリスの皆様よ、それよりちゃんと食生活を立て直すのが先では…

(※現地在住の友人にも聞いたが、イギリスの食生活はだいぶアレである)

画像はhttp://artonking.com/より。すごいかっこいい本屋さん。

森林浴!その発想はなかった。「家計簿」という本もあった。

いずれもええ感じのデザインで、日本の醤油くさい家庭が、えらくCOOLに見えてくる。

お次は、こちらバスのICカード売り場にて。

これは意味がドンピシャな感じ

意味はドンピシャだが、smartとは少し違う。でも場所には合ってる。誰に聞いたらこうなる。

最後。一番のお気に入り。

「SCOTLAND」と書いている右側のネコが、たまらない。

ええと、これはイギリス土産でしょうか

こちらのお猿バージョン(みざる、きかざる、言わざる)はよく見かけるが…

日光東照宮のね

なんだか狐につままれた気分です。日本語って難しい。

[ 旅日記 ] はたらく車 in 英国 ・Working vehicle in UK

How interesting to see working vehicle overseas !  Honestly speaking, I am a vehicle lover.

働く車を見るのは楽しい。色鮮やかなボディできびきび働く、あの子やこの子。かわいいやないか。

さあ写真で愛でよう、働き者たち in イギリス!まずはタクシー。

カラフルなのは広告ラッピングカーだから。どピンクとかもある。

タクシーのコロンとした形がかわゆい。クラシックなのにモダン。いいねぇ。

それからおなじみ、2階建てバス。

こちらは観光ツアー用。左の白い車は牛乳屋さんの車!

二階建てバスは観光バス・路線バスともに、エディンバラではたくさん。割と運転が荒いからドキドキする。

長距離バスも結構たくさんあって、電車の半額くらいで移動できるので、もれなく利用。外国のバスかっこいい (特にミラーの形が好き)。

ちょっと払えばデラックス版もあって(名前も”gold”がつく)、これがなかなか良い。
http://leytr.blogspot.com/2010/07/elite-citylink-gold.htmlより。

流線型の車体。中には車掌さん的な人がいて、お茶とおやつを配ってくれる〜 遠足気分。席もふっかふか!

それからみんなの救世主、救急車。

宅急便屋さんのトラック位のサイズ
こちらも救急車。担架はのらない小さいサイズ。軽症者用?

おっと忘れちゃいけない警察、のバン。これまた大きい!

蛍光イエローが主張しまくる。

さて公共の乗り物の次は、作業車!ヒュー!

公共のゴミ収集車。とにかくデカい。前の車と比べると歴然。

おもちゃっぽい色合いがまたかわいい&かっこいい。サイズが良い。

何かわからんけど作業車。

なんというか、合理的!どれも黄色の色合いが美しい!

駅のゴミ収集車!
フォークリフトをまるごと載せちゃう大胆さ

最後は真打ち・トレーラー。イギリスには、なんと、デコトラが存在する。

うまく撮影できなかったので、web画像にて。

このヘッドライト!このカラー!スポーティー好みね
日本にもあるある、トラック雑誌

デコトラがあるということは、当然トラック野郎がいるはずである。

トラック野郎がいれば、ヤンキー的な文化もあるはずである。(そしてそれは郷土愛とセットだ)

こってり郷土色。美しい。
トラックフェスもある!!男どもの我が子自慢大会だ…キュンとする

どうやらイギリスにも、ヤンキーはいらっしゃるようで。

ヤンキーというのか、”chavs”という人々がいる(社会的背景が複雑だが、日本と重なる部分も多い)

地元のイオンにいてるわ、こんな人

ジャージ、ブランドもん大好き、ヤンママ&ヤンパパ率高め、と、日本のヤンキーと公式が丸ごと同じやないか…それっぽい人、うん、見かけたね。なぜか親しみが…

ドンキの前におったな、こんなカップル

ヤンキーの皆様がおられる、ということは、ヤン車も存在する。

すみません、うちの夫も昔これに近いの乗ってましたわ(ヤンキーではなかったが…)。

chavの車なので、chav carとな

なかなか興味深いイギリスの働き者(とヤンキー)たちでした。

ではまた週末に!

[ 旅日記 ] スコットランドの船!船!船!【後編】

スコットランドの船めぐり後編!(前編はこちら

Continue reading “[ 旅日記 ] スコットランドの船!船!船!【後編】”

[ 旅日記 ] スコットランドの船!船!船!【前編】

イギリスは島国。ということは、海運大国!船大国!

スコットランドの周りには島がいっぱい、フェリーも色々。湖もいっぱい。

ネス湖のクルーズ船。lochness.comより引用

遊覧船も色々(ネッシーで有名なネス湖も遊覧船があるよ)。全部行きたいけど時間が足りない!

意外と頼りになる「地球の歩き方」を片手に、女子ひとり、船探検レッツゴー。

Continue reading “[ 旅日記 ] スコットランドの船!船!船!【前編】”

[ 旅日記 ] 動物天国・スコットランド Animals in Scotland

Here is a heaven of animal lover – why not visit scotland!

鹿を探して三千里。そこは思った以上の桃源郷!

世界最小の鹿「プーズー」を見に行きたくて、スコットランドに向かったわけですが、うん、そこは鹿なのでやはり愛想なしです。シカたがない。

Continue reading “[ 旅日記 ] 動物天国・スコットランド Animals in Scotland”

[ 旅日記 ] ピッピーゴロゴロ・Oh my stomach

I got sick from what I ate….maybe in the airport, in the  middle east.

Too much spice, diary gave surprise to my stomach. Beep beep !

旅行から帰ってきて以来、お腹がユルユルのピッピーゴロゴロ

こんなん初めて。一応仕事には出た。こっそりトイレに駆け込みながら。

Continue reading “[ 旅日記 ] ピッピーゴロゴロ・Oh my stomach”