みなとまち日記 8月

2 months passed since I came to Akashi, near KOBE. Living close to the sea, Awajishima Island.  The color of the view is different from that of my hometown NARA – surrounded by the mountains, temples, and ancient thumb.

明石で暮らし始めてようやく2ヶ月過ぎました。毎日海が見られる生活です。

やっと、「今は奈良には住んでない。明石に住んでいる。」というのが、心身ともに追いついてきたところ。引越しというのは、日常の棚卸のようやなぁと思います。

調味料やお皿の位置を見直し、いつものシャンプーを売っている薬局を探し出し、ゴミの分別を再確認して。

挙げればきりがないほどの生活の一つ一つを、分解して組み立てる。あって当たり前だったものがないと、人間、一瞬焦る。が、慣れる。いやしかし案外、骨の折れる作業です。へろへろ。

 

それとね、色に例えると、わが故郷奈良は茶色くて、緑色、という感じでした。まぁ、山と古墳と鹿と寺の色やね。

それがこちら明石、とその近く、例えば舞子とかって「水色」って感じなのです!

沿岸から見た明石海峡大橋の景色は、空も、海も、遠くの瀬戸内の島も、青いのです。そして瀬戸内独特の明るさが、とても開放的です。海をぼへーっと眺めていたら、とっても気持ち良い。こんな景色見てたら優しくなれそうよ。

国や土地ごとに色彩感覚が違うとしたら、間違いなく、景色の違いなのだな、と改めて実感しきり。

そして土地が違うと空気感も違います。ラジオの周波数が場所によって違うように。土地の持っている独特の空気感って、あるような気がします。わたくしもラジオよろしく、明石チャンネルにチューニング。この頃ようやくチューニングし終わったところです。

 

これからも明石から、ぼそぼそと港町の生活をお伝えします。

 

名古屋港と南極観測船「ふじ」

Trip to NAGOYA !

いくぜNAGOYA。名古屋城もひつまぶしもすっ飛ばして、わたくしは「ヒゲペンギン」という珍動物に会いにきたのです。そのための日帰り名古屋。友達にも会うけど。

やってきたのは名古屋港水族館。名古屋駅から地下鉄でスイスイ、駅から5分。便利な立地やね。水族館を目指して歩いていたら、ふ、船がある・・・!でかいの・・・!船があるの知らなかったけどもちろん行くに決まっております。なんと南極観測船「ふじ」だったのでした。

時間にも限りがあったので、イルカ類(失礼)は丸ごとパスしてペンギンの水槽まで突っ走ります。でもその前にクラゲやタコも見てしまう・・チンアナゴなるひょろひょろのかわいいやつなんて、1日見ていられる程、これまた絶妙なゆるい動きをされている・・・亀を間近で見るとめちゃ彫りが深い顔をしていて驚きました。

 

そしてようやくペンギンの水槽に到着。いたよヒゲペンギン!やったー!実は今四コマ漫画の連載をいただいている、「Journal for Mariners」という船乗りさん英字新聞のキャラクターは、このヒゲペンギンなのです。

日本ではヒゲペンギンと言われるけれども、英語ではChinstrap Penguin。アゴヒモペンギン。。いけてない・・ヒゲの方が良い・・・あ、でも女子ペンギンからしたらイヤかもね。

ペンギンを思う存分見た後で、いざ南極観測船「ふじ」へ。

 

少し昔の船だけど、夫が乗っている貨物船と中の居住区の印象はあまり変わらないかも!?床や扉の感じがそっくりなのです。マネキンが一緒に展示されているので、リアルさ満点!

砕氷船は船体自ら氷につっこんで氷を砕いていくなんて知りませんでした・・めちゃくちゃ揺れるやん・・それで吊り下げベッドなんて・・・寝ながら吐きそうだ・・・

「ふじ」のオリジナルグッズがとても可愛かったので、思わずヨダレが出そうに。なんともかわいいハッピは「赤道祭」(無風の赤道地帯を無事通り抜けられるよう祈る)用らしいです。

近くにある名古屋港ポートタワーにも海洋博物館があったのには行けず・・なんでも名古屋港の操船シミュレーターがあるそうで、ぜひ現役船乗りとやってみたい!

駆けずり回るように見ながら船と水族館を後にしたのでした。