[ 絵日記 ] 栗ダッシュ One autumn day

奈良も少し行けば完全なる田舎である。ほっこり。

田舎道をかきわけ、バス停に向かう。一時間に1本のバスは絶対に逃したくない。

The bus stop could be seen, but it is far away.
It is autumun. I found an old lady selling a chestnuts.
I was in a hurry, but who can resist the very  fresh chestnut !
The lady was soooooooooo slowly.

ばーちゃんの話が長い。「バスなんざ手ぇ降ったら止まってくれるで」。そうかもしれんけどな、ばーちゃんやったらな。

She even gave me one more chestnut. Oh bus, wait for me !

 

It was a sweet autumn experience, and the chestnuts tasted sweet, too.

ハラハラしながら栗を握りしめて、無事バスに間に合ったのでした。

栗は美味しかったです。