【船乗り嫁日記】引きこもり耐性=船乗り適性

船乗りって世界中を回る、アクティブな仕事だとイメージしちゃうんですけどねぇ。

実際はドのつく、引きこもり生活を送る仕事のようです。船にひきこもりまくり。究極の引きこもり。

船乗りが天職のゲンさん、もちろん引きこもりのプロです。

特に用事がない限り、家でずっとネットとゲームをしてられるゲンさん。むしろそれすごい。

嫁も家にいるのは好きだけど、やっぱり家にずっといるとムズムズ。ゲンさんは全く動じない。桜が咲こうが、天気がよかろうが、家でゲーム。

まぁそうか、船から出られない生活が8ヶ月も続くのに耐えられるのだから…

船では定番の娯楽

船ではネットが繋がりにくいから、ダウンロードしたゲームと電子コミックでなんとかしのぐゲンさん。とにかく画面とお友達であるよ。(そして嫁に「画面じゃなくて私をみろ」と言われる)

船だとそれも難しい

陸にいればネットショッピングもできるし、置き配もあるし、快適だというゲンさん…買うのは主にパソコンツールと工具。

本当にネットとゲームさえあれば、幸せに生きられるゲンさん。

「人に会わないと死にそうな人は、船に乗れないね」

なにそれ意味不明。船乗りってワイワイしてると思ってたのに!(作業員さんはワイワイしてるけど)

職位によっては、シフトの都合でほとんど人と顔を会話することなく、8ヶ月くらい船で過ごすこともあるんだそうな。ヤバいよ船乗り。

船乗りって思ってた職業と違う!!!

そう、世界中移動するけど、ほぼ移動だけ

旅が好きで船乗りになった人もいるけど、まさかの仕事で船に乗ってもどこも寄れない…お休みはドカンともらえるから、そこで旅をするのだ…

引きこもり生活と孤独に結構耐えられるゲンさん。しかしネットとゲームができなくなる生活には耐えられないようです。

現代っ子!!!