【船乗り家日記】 「寂しいでしょう」おばさん

うちは夫が船乗りしてると周りにオープンにしている派です。

はい、オープンにしているとね、ちょいちょく言われます「旦那さん居てないと、寂しいでしょう。」と。

なぜでしょう、うちをよく知る人なら兎も角、よう知らん人に言われると、なんとなくモヤッとします。

寂しい時もありますよ、そりゃ。

そんでも、勝手に寂しいって決めんといてくれや、人の感情。中学生みたいにモヤっとしたりするんよな〜。

〇〇だと寂しいでしょう、大変でしょう、と声をかけてくださる方いらっしゃいますけどね、あの、やかましいわ!!!!

寂しいか、大変かは、私が決めます。

何度も書いていますが、私は留守番している時より、新婚で夫が陸上勤務時代の方が詰んでましたね。

地元を離れて、「ゲンさんの奥さん」だけが肩書きの時はツラかったです。自分で築いた人間関係がなくって、所属してる場所もなくって。

友達と会っても、何も話せることがなくて、自分が透明になったような感じがしました。新婚さんで幸せでしょー、と言われながらも。

〇〇だから幸せ、寂しい、とはいちげんに言えないもんやなぁと思います。うん。

そんなこんなブツブツ書いていますが、今はゲンさんが休暇中で、のんびりブラボーな日を送っています。

わかってるぞ、このブラボーが続かないのも。わ、わかっているぞ。(なるべく延びてくれ)

(おまけ)

船長ゲンさんが、東京に陸上勤務中の船長にお酒を送ると言うので、一筆。