ブログ [ BLOG ]

船乗り嫁さん留守番繁盛記 / Seaman’s wife diary

4 panel comic; the life of seaman and his wife !

船乗り嫁さんの4コマ日記ができました。

年の半分も一緒にいない船乗りの旦那さん。

一度乗船したら、本人も、嫁も、(ヘタしたら船の会社も)、いつ家に帰れるかわからない。

開き直ってマンガにするしかない位、ネタ満載な船乗り家庭です。

ご本人は今日もご機嫌に航海中でございます。

 

全28ページ・カラー用紙/単色カラー印刷

※こちらの冊子は400円(+送料)にて購入が可能です。ご希望の方はメールにてご連絡ください。

送料は1冊〜3冊まで140円です。3冊以上の場合は冊数により送料が異なります。

 

 

船に行ってきました / Visit a cargo ship

名古屋港へ夫が乗る船が来たので、訪問に。

自動車専用の貨物船なんてのがありまして、車をモリモリ7000台近くも積んで、ヨーロッパへ向かいます。

貨物船に普段乗る機会もないし、とても興味が湧きます。船乗りさん達もおもしろいんだな。

Visit a car career ship at Nagoya port which my husband on board. ( He’s an ocean navigator ! )

Crew are Japanese and Filipino, but the nationality of the ship is Marshall islands, and funny, the vessel name is ” HAWAIIAN HIGHWAY “. It’s confusing, isn’t it ?

 

I WANT YOU FOR “K” LINE

Booklet for “K” line ; cargoship company recruitment.

川崎汽船株式会社の海上職採用説明会で配布される冊子。

船乗りの良いところも、大変なところも余すところなく書いています。

リアルな現場(と玄番←旦那)の声をがっつりと載せています。

奈良公園帖 / Deer park note

Essay for Nara park with bunch of love for deer !

「マチオモイ帖2015 」に出展した冊子。

奈良公園と鹿が好きすぎて、冊子を作ってしまいました。

本当に、鹿と奈良公園があれば満たされる・・・と言いつつ、お買い物は大阪へ行くのが奈良の人間。

この場所が今も大切に受け継がれていることが奈良の財産だなぁと思っています。

 

全20ページ・フルカラー。

こちらの冊子は350円(+送料)にて購入が可能です。ご希望の方はメールにてご連絡ください。

東京日記 / Tokyo Days

Diary during Tokyo life.

東京で暮らした時のエッセイ。関西から出てきた時は生活の違いに驚くことばかりでした。

慣れたものの、東京のスタイルになじめないまま2年が経って。(やっぱ田舎もんです)

大学を出てから、京都 – 東京 – 奈良と暮らして、それぞれ生活がガラリと変わっています。

街のスタイルがライフスタイルをつくるんだな、と実感した東京暮らしでした。

 

Spent 2 years in Tokyo for my husband’s business – I get used to the systematic town soon, but never adapted, or relaxed in Tokyo.  Anyway, it’s very nice place for business and shopping !

街の仕組み

 

のんびりしたいのにtokyo_店員東京の暮らし

 

 

奈良シカ日記 / Deer dairy

Deer diary.「奈良公園帖」の前身ともいえる、ゆるゆるシカ日記。何年たっても鹿は進化も退化もしてないですけど。